読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KO★N

このぴー愛でる会非正規会員ウェイ!

モニュメント初日!

行ってきました!

2016/12/9(金)18:00公演!

17時に職場出ていつもなら20分近くかかる道のりをダッシュして13分の電車に乗り

環状線が5分遅れたとかダッシュした意味を問いただしたいくらい不運な出来事もありましたが、なんとか開演前に劇場に入ることが出来ました!

 

第一幕はまさかのトークオンリー!

なかなか面白い構成ですよね!でもそりゃそうだ!前初演verでガラコンやったばかりですものね!フルコスで!DVDにも残ってるんだっけ?

それだったら思い出話聞ける方が面白いかも!って感じかな?

 

登場の仕方も乙な感じでしたよ。

始めに現役生4名→古代さん・朱さん→子ルド瞳子→ルドルフたーたん→フランツゆきちゃん→エリザベートおはな→トート一路さん

 

途中(当時)ルキーニ役だった轟さんからのビデオレターもありました!

公演中ですものね。視線がカメラ下でカンペ感がありありと感じられましたが!w

イケメン現役感がありましてよかったです。

 

 

トーク覚えてる範囲を適当に。簡潔に。要約あり。

瞳子はぐんちゃんにジグザグダンスを振り移しした。手と足は一緒に動かすと。

後々ぐんちゃんに怒られる。手はついていなかったらしい。瞳子は今までずっと手と足一緒にやってきたのに・・・orzちょっと悲しげ。

 

・ゆきちゃん。シシィとゾフィに挟まれ、現実の男性の気持ちがわかったと。妻と母どちらかを選べるわけがないと。仕事と私どっちが大切なの?!どっちも大切だろと。

シシィに「扉を開けてくれ」という場面のところ、手紙を渡されてとぼとぼと帰っていく途中客席で涙をふいている男性が目についたゆきちゃん。「あなたもおつらいのね」と心情を察してしまったようだが、隣で奥さんがつっけんどんにハンカチ渡したらしくそれがおかしくて危うく笑いそうになったと。

 

・オーディションが結構前から行われていたらしいが、一路さんは全く知らなかった。

このお稽古しているときに誰かが言っていて知ったと。(瞳子「そりゃ一路さんはオーディションしないですからね」)

 

・代役の話。

トートの代役をゆきちゃんが。瞳子はルドルフの代役をしていた。ではルキーニは誰が?という話でだれもわからなくて、話の落としどころとして、理事は丈夫だから代役なしで大丈夫という話になりました。

 

つづく